スポンサーサイト

Posted by なっちのパパ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Genethon ジェネトン研究所

Posted by なっちのパパ on 28.2007 サイエンス 3 comments 0 trackback
訪問したのはパリの町外れにあるGenethon研究所です。ここはAMFという遺伝性筋疾患に苦しむ人のために作られたフランス人の協会が設立した研究所です。AFM はフランスの遺伝子研究において重要な役割を果たし、最初のゲノムマップもこの研究所で作られたそうです。

ここでは膨大な筋疾患患者などの細胞が保存されています。
細胞保存


私を招いてくれたのは、カルパイン3の研究で成果をあげられているIsabelle Richard博士、筋細胞の膜修復を観察するために二光子レーザーを取り扱う指導のために私が招かれました。
二光子


フランスの白衣は何だか私には似合いませんね。顕微鏡下でマウスから筋細胞を分離する手術をナタリーに教えているところです。彼女と話していると会話はフランス語?
ナタリー


一輪車に乗って、私の送り迎えをしてくれたダニエル。感謝!
一輪車


二日目からはパリの裏町、ルイブランにあるホテルに宿泊
ホテル


パリと言えば、フランス料理・・・おいしゅうございました。
フランス料理


フランスビールは1664など、ほのかな柑橘系の香りのするビール
1664
ビール


アメリカと違って、さすがフランスはエネルギーに敏感。今は電球をダイオードに換える計画が進行中だそうです。こんな二人乗りのマイクロカー(Smart)もたくさん走っていました。スイスの時計会社とベンツが企画、日本でも2000台くらいが走っているとか?アメリカでも2008年から進出?でもアメリカでは絶対に売れないでしょうね。
ミニカー


有料簡易トイレもよく見かけました。
簡易トイレ


なんとなく、水周りもおしゃれでした。
トイレ


写真には撮りませんでしたが、やはりホームレスもゴロゴロされていました。通りのゴミも目立ちました。物価も高いから、そんなに住み安そうなイメージはもてませんでしたが、アメリカとは全然違うカッコいいおしゃれな街でした。頭の良さそうなしっかりした顔つきの黒人も印象的でした。街のイメージは日本と比べれば京都市に近いでしょうか。

出張お疲れ様と思われたらここを一回クリックして応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーサイト

▶ Comment

そりゃ、なっちママの手料理にかなう物はありません・・・
私も見習わないと・・(汗)
あの~おたくの福神漬けのレシピ・・・頂けないでしょうか~(お願い!)
2007.10.05 23:03 | URL | Coco #- [edit]
写真がとれなかったので残念でしが、美味しかったです。でもやはり日本料理がいいですね。家に帰ってからのご飯がもっと美味しかったです。
2007.10.04 01:33 | URL | なっちパパ #- [edit]
現地での会話は English or French?
外国に出ているフランス人は フランス語だと勘違いするほどのなまり英語を一応話してますが、(私も人の事を言えない立場)現地のフランス人はFrench Only...なはずと確信してますが・・。
先生の周りは優秀な方が多いでしょうからね~。

本場のフレンチ料理はやっぱり美味しんだ・・。
天気も良かったみたいで、満喫?しましたね。
2007.10.02 23:45 | URL | Coco #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://miyazu21.blog78.fc2.com/tb.php/88-1d186514
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。