スポンサーサイト

Posted by なっちのパパ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百歳の祖母、静かに逝く

Posted by なっちのパパ on 29.2007 雑記 0 comments 0 trackback
新年のご挨拶を申し上げるべきところ
祖母の喪中につきご遠慮申し上げます
今年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
平成十九年十二月二十九日

スポンサーサイト

2007年 クリスマス

Posted by なっちのパパ on 25.2007 思い出アルバム 0 comments 0 trackback
クリスマスおめでとうございます。みんな大きくなりました。クリスマス1


これは毎年恒例の照明飾りをする地区です。もうここまで来るともう誰にも止められないようです。クリスマス2


我が家の周りは、素敵なキャンドル・サービスがどこまでも続きます。クリスマス3



息子が描いた「猫のサンタ」です。7歳にしては、めきめき絵が上手になっているような気がします。もしかすると、もすかするのではーと思うのは親バカですね。ともかくも子供たちが描く絵は大好きです。
クリスマス4

シーフードでクリスマス・ディナー

Posted by なっちのパパ on 24.2007 思い出アルバム 0 comments 0 trackback
マートル・ビーチの魚屋で活きのいい赤鯛、ヒラメ、ハマグリを仕入れました。鯛の口に注目してください。口が尖っています。日本の赤鯛にそっくりですが、笛を吹いているように見えるので赤鯛ではなく笛吹き鯛の種類のようでした。
sashimi1


刺身にしてみると、身は赤く、少し臭いがきつい魚でした。失敗でした。
sashimi2


ヒラメは美味で、昆布しめの刺身で頂きました。
sashimi3


ディナーはハマグリとチーズフォンデュcheese fondueで美味しく頂きました。Cheese

マートル・ビーチで凧揚げ

Posted by なっちのパパ on 22.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
今年のクリスマス休みは何となく遠出は避けたかったので、すぐに帰って来られるマートル・ビーチへ向かいました。もちろん例のごとく招待電話を受けての宿泊です。二泊三日でリゾートコンドに泊まって29ドル。それでお土産に現金50ドルとレストラン割引券まで頂きました。こんなところにもサブプライムの影響が出ているのでしょうか。いわゆるタイムシェアの体験宿泊です。鳥たちが飛び交う海は絶景。半袖では少し寒いくらいの気温でした。
myrtle1


海水浴には寒いので、子供たちは凧揚げで海岸を思い切り走りました。
myrtle2
myrtle3
myrtle4

マータル・ビーチはスプリング・ブレイクには全米から学生たちで賑わうビーチだそうですが、我々には少し開発されすぎた観光地でした。

娘がジキル島へ修学旅行

Posted by なっちのパパ on 17.2007 雑記 1 comments 0 trackback
こちらの小学校はキンダー1年、小学5年の6年間、長女はまだ10歳になったばかりですが、今年で第5学年、つまり最終学年です。今日から二泊三日でジョージア州の南端にあるジキル島(Jekyll Island)へフィールドトリップです。日本で言うと修学旅行にあたります。朝5時に起床して6時に出発。もうワクワクのようです。
3


ジキル島は過去の記事を見ていただければわかるように、我が家でも何回も出かけています。自然いっぱいの宝島です。この写真は今年の9月に出かけ、夜に手づかみで魚採りをした時の写真です。2


修学旅行~懐かしいなと思われたらここを一回クリックして応援をお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

斉藤佑樹投手、コロンビアSCに現る

Posted by なっちのパパ on 13.2007 雑記 0 comments 0 trackback
毎週末、子供を日本人補修校に送るために隣の州都コロンビアに出かけますが、小さな州でもさすが州都だけあって、いろいろなイベントがあります。今週の日曜日には大統領候補のバラック・オバマ氏が有名司会者オプラ・ウィンフリーさんを向かえスタジアムに3万人を集めていました。

日本人には縁のない静かな町ですが、この夏にはハンカチ王子こと斉藤佑樹投手が日米大学野球の練習試合のためにコロンビアに来ていました。本番の試合は日本が3-2で優勝しましたが、ハンカチ王子は最後の試合を落としてしまい反省たっぷりだったようです。

saitou

(於勢奈央子さん撮影提供)

なぜ今頃と言うと・・・せっかく頂いた貴重な写真をアップするのをすっかり忘れていました。

ハンカチ王子がんばれと思われたらここを一回クリックして応援をお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

動物園でクリスマス・ライト

Posted by なっちのパパ on 08.2007 思い出アルバム 0 comments 0 trackback
今年も我が家でも恒例になったサウスカロライナのコロンビアにある動物園のクリスマスのライトアップ・ショーに行ってきました。

zoo


今年の4DムービーはThe Polar Expressでした。楽しみにしていた連結車でのギャラクシー・ツアーは今年はやっていませんでした。ライト・ショーは午後6時から9時まで、12月30日までやっています。行かれる方は、大変込み合いますので高速降り口から入らないで街の道から早めに入りましょう。

私も行きたいと思われたらここを一回クリックして応援をお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

娘の幼稚園に飛行機が墜落

Posted by なっちのパパ on 05.2007 雑記 0 comments 0 trackback
ワシントンから電話を家に掛けると、娘の幼稚園に小型飛行機が突っ込んだというニュースが入りました。子供たちが帰ったあとだったので、犠牲者は操縦士だけでした。911を思い出す、ぞっとする事件でした。
Opendoor

ワシントンDC米国細胞生物学会へ

Posted by なっちのパパ on 05.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
今年も米国細胞生物学会(ASCB)へ参加するためワシントンDCに出かけました。今回の学会は発表題目が少なく、iPS細胞関係の盛り上がりはまだありませんでした。

DCのホテルはいつも混んでいて、値段も高く一泊平均$250ぐらいでしょうか。困ったときには、私がいつも利用するHOTEL Harrington。古くて汚くて人気はないけど、ちょっとレトロな気分になれるし、バーもあって一人で泊まるだけなら十分。値段は$89でした。ここはコンベンション・センター、ホワイトハウス、スミソニアンとどこも歩いて行ける便利なホテルです。でも、やはり綺麗好きな日本人にはお勧めできません・・・ーが、あろうことか東大から学習院の教授に移籍された馬渕一誠先生とご一緒のホテルでした。ウッズホール海洋生物研究所の井上信也先生のところにも毎年出かけられ、しかも団勝磨先生の孫弟子。恐れ多いことですが、私も考え方によっては、Susumu Ito先生を通せば団先生の孫弟子ということで、すっかり意気が合ってしまいました。またどこかでご縁があることを祈ります。
1


私の今年のネタは、「膜修復にはコレステロールが必要、だからスタチンでコレステロール合成阻害すると筋肉に異常がでる可能性があるかもしれない」と言ったものでした。ポスター発表でしたが、たくさんの人から質問を受け、声がガラガラになりました。
ascb


ASCBの楽しみは、やはりいろんな人に会えることです。一期一会もありますが、会った人によって、どんどん輪が広がっていきます。ハーバードで一緒だったポスドクたちは、みんな偉くなって活発な研究をされ、いい刺激になります。日本の先生方とも時々食事に出かけます。いつも人が周りに集まる不思議な力を持つ東大の松田良一先生に誘われ、日本の細胞生物研究の第一人者、馬渕一誠先生、カドヘリンで有名な理研の竹市雅俊先生、これから将来が明るいポスドクや学生の皆さんととても楽しい夕食をご一緒しました。また、どこかでお会いできることを祈っております。

3


最後の日は雪が降り、悪天候で予想通り飛行機はキャンセル、なんとかアトランタまで飛べましたがオーガスタにたどり着いたのは次の昼前になりました。
4


日本の細胞生物学の将来は明るいと思われたらここを一回クリックして応援をお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。