スポンサーサイト

Posted by なっちのパパ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震お見舞い申し上げます - 能登沖地震

Posted by なっちのパパ on 25.2007 雑記 1 comments 0 trackback
地震お見舞い申し上げます。

今、金沢からの地震時の映像がこちらでも流れています。テレビで見る限りかなり揺れたようですね。被害状況が把握されるにつて実際の被害も増えそうです。

余震にご注意下さい。
スポンサーサイト

交通事故ー犠牲者は瀕死の重症オッポサム

Posted by なっちのパパ on 24.2007 生き物 4 comments 0 trackback
ジョージアの道にはたくさんの交通事故の犠牲者が転がっています。リス、アルマジロ、シカ、ワニ・・・拾って比較動物学の研究をしようかと思うことがあります。これは目の前で車に跳ねられて怒っているオッポサム。瀕死の重症で動けないようでした。北アメリカ大陸で唯一の有袋類だそうです。大きさは猫くらいでした。もしかすると貴重な写真かもしれません。

オッポサム

聖パトリック祭 ーSt.Patrick's Day-

Posted by なっちのパパ on 22.2007 雑記 2 comments 0 trackback
幼稚園に娘を連れて行くと道に緑色のキラキラ光るものが撒かれていました。レプラコーンの仕業です。
レプラコーン2

あっしまった!時すでに遅し。緑の服を着てくるのを忘れていました。今年の聖パトリック祭は土曜日なので、学校でレプラコーンが出るのは金曜日だったわけです。教室の中に入ると出ました出ましたアイルランドの悪戯小人のレプラコーン。テーブルの上にはレプラコーンの足跡だらけでした。
レプラコーン1

カトリック教会では3月17日を正式な祝日にしていませんが、アイリッシュが多いアメリカでは、お祭り好きということも重なり、いつの間にか彼の命日が大きなお祭りになったようです。これはコロンビアでのパレードの様子です。今年からどういうわけか、道路を封鎖して一人10ドルの入場料をとっていました。
パレード1

聖パトリック(パトリキウス)は日本ではあまり知られていませんが、アイルランドに土着のケルト教とカトリックを融合させて5世紀はじめにキリスト教を布教した司教です。ケルト教の円と十字架を組み合わせたケルト十字に象徴されています。
噴水

その布教で、三位一体をあらわすのに三つ葉のクローバー(シャムロック)を使ったので、クローバの緑色が彼をお祝いする色になりました。だから、この日はすべて緑色です。

ジョージア州の大西洋沿いの町サバンナの聖パトリック祭は有名で大パレードがあります。消防車やクレーン車まで緑色です。


今年も実に盛り上がっていたようです。これはおまけです。因みに踊っているのは私ではありません。



”盛り上がりましたね~”と思われたらここを一回クリック応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

フットバッグfootbagが大ブレイクーアメリカの蹴鞠

Posted by なっちのパパ on 13.2007 雑記 5 comments 0 trackback
最近うちの大学の休み時間に必ず見られる風景です。毎日、学生たちが中庭でフットバックをしています。お手玉を使って蹴鞠をするゲームです。
フットバッグ


このフットバッグfootbagという遊び、どういうわけか去年あたりから流行っています。ゲーム自体は古く1972年にアメリカの医師が患者のリハビリのために考案したものだそうですが世界中に競技者人口が広がりました。フリースタイルの競技もあります。日本にも日本フットバック協会があり、流行っているようです。

”私もやってみたい”と思われたらここを一回クリック応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

化石ショウ 

Posted by なっちのパパ on 12.2007 雑記 4 comments 0 trackback
週末は年に一度の石と化石のショウが開かれていました。

巨大な肉食恐竜の前腕骨の前でー
化石2


恐竜の卵の化石を見せてもらってご満悦

化石1


私が何を買ったかは決して妻に聞かないで下さい。文句のマシンガン攻撃を浴びます。まぁ一つの道楽ぐらいいいじゃないですか。化石を眺めると地球の生命史に酔いしれることができるんですよ。

”私が恐竜の卵の化石を買ってしまったに違いない”と思われたらここを一回クリック応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

あと1時間ほどで夏時間"Daylight saving time"ー今年は3週間も早い!

Posted by なっちのパパ on 11.2007 雑記 3 comments 0 trackback
今年から突然にアメリカの夏時間が3週間早く始まります。冬時間も1週間遅れて始まります。初めての試みです。あと一時間ほどで午前2時になりますが、突然午前3時に針が飛びます。いつもこの一時間はどこに行くんだろうとふと考えます。もちろん我が家の針は一時間もう進めてありますが、子供たちの針は動いていません。月曜が大変そうです。

明日は対応していない多くのコンピューターや機器等がトラブルを起こします。日本だったらきっと2007年問題とか何とか言って大騒ぎになると思いますが、こちらの時間変更は新聞にも小さなメモ程度が出るだけです。

A Reminder

Daylight saving time resumes at 2 a.m. Clocks are set ahead one hour.


大勢の気付いていない人が「あれ~」ということになるでしょうね。

これは昨日の午後7時頃の夕日、でも今日の夕日は午後8時頃になります。

夕日



”1時間は何処へ”と思われたらここを一回クリック応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

アメリカ南部に広がる桃源郷

Posted by なっちのパパ on 08.2007 俳句 2 comments 0 trackback
「零(こぼ)れ咲く 大地の絨毯(じゅうたん) 桃の花」

桃


ジョージア州の特産は桃です。郊外にでると広大な桃畑を見ることができます。この写真はオーガスタ近郊の桃園Johnston-Edgefield,SC にて2006年3月18日撮影したものです。今年もそろそろ咲いているころです。

”広い桃畑!”と思われたらここを一回クリック応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

何ともあっさり、アメリカ社会

Posted by なっちのパパ on 07.2007 生活 2 comments 0 trackback
最近までその辺に掲げてあった星条旗は写真のように半旗 Half Mast になっていました。おそらくフォード元大統領が12月に亡くなってから、敬意を払って1ヶ月ほど半旗を掲げていたのだと思います。前回見たのはレーガン元大統領が亡くなった時でした。どちらの時にも、周りのアメリカ人に「どうして半旗?」と聞いても、「さぁ?」の返事が戻ってくるだけでした。

半旗


さて、我が家の隣、一人暮らしのお婆さんの家から荷物を持ち出す人が多いので、近所の人と首を傾げていました。妻に「どうかしたの?」と聞いても、「さぁ?」。運んでいる人に、「引越し?」と聞くと、一週間ほど前、お婆さんは自宅で亡くなったので荷物を片付けていると言われました。お葬式もどこかで終わっていたと思われます。ついこの間まで、お元気な姿を見せておられました。口癖は「いつまで一人でここに住めるかしら?」でした。これがアメリカ人の理想の最期だと思いました。ともかくもご冥福をお祈りいたします。

日本だったら近所を挙げてお葬式ですよね。気が付いたら隣に別人が住み始めて、「あれっ?前の人はどこ行ったの?」ということは日常茶飯のあっさりアメリカ社会です。

半旗2


”何ともあっさり”と思われたらここを一回クリック応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

湖で魚釣り Lake Murray

Posted by なっちのパパ on 01.2007 思い出アルバム 2 comments 0 trackback
それで、息子と次女のチビはというと・・・
コロンビアの近くには30分くらいで行ける大きなLake Murray)があります。休みの日には大勢の人がカヌーやボート遊びをしています。
カヌー


次から次へと車でランプ(坂)にバックで船を下したり上げたりしてしていました。

Boat


そこで息子も魚釣りに挑戦しましたがー
オコニー


結果は残念万歳でした。でも、とても気持ちが良かったです。


次回は大漁~と思われたらここを一回クリック応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。