スポンサーサイト

Posted by なっちのパパ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何ともあっさり、アメリカ社会

Posted by なっちのパパ on 07.2007 生活 2 comments 0 trackback
最近までその辺に掲げてあった星条旗は写真のように半旗 Half Mast になっていました。おそらくフォード元大統領が12月に亡くなってから、敬意を払って1ヶ月ほど半旗を掲げていたのだと思います。前回見たのはレーガン元大統領が亡くなった時でした。どちらの時にも、周りのアメリカ人に「どうして半旗?」と聞いても、「さぁ?」の返事が戻ってくるだけでした。

半旗


さて、我が家の隣、一人暮らしのお婆さんの家から荷物を持ち出す人が多いので、近所の人と首を傾げていました。妻に「どうかしたの?」と聞いても、「さぁ?」。運んでいる人に、「引越し?」と聞くと、一週間ほど前、お婆さんは自宅で亡くなったので荷物を片付けていると言われました。お葬式もどこかで終わっていたと思われます。ついこの間まで、お元気な姿を見せておられました。口癖は「いつまで一人でここに住めるかしら?」でした。これがアメリカ人の理想の最期だと思いました。ともかくもご冥福をお祈りいたします。

日本だったら近所を挙げてお葬式ですよね。気が付いたら隣に別人が住み始めて、「あれっ?前の人はどこ行ったの?」ということは日常茶飯のあっさりアメリカ社会です。

半旗2


”何ともあっさり”と思われたらここを一回クリック応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。