スポンサーサイト

Posted by なっちのパパ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年は自由元年

Posted by なっちのパパ on 01.2009 旅行記 0 comments 0 trackback
2009年 新年明けましておめでとうございます。

ウッズホール海洋生物学研究所滞在中、日本への引越しが決定しました。
とても複雑な思いでしたが、これがベストの選択だと思い帰国致しました。

帰りはタングルウッドで後藤みどりさんの素晴らしい演奏を聴き、ニューヨークに立ち寄り、ふと自由の女神を見たくなりました。子供たちは女神をまねして、ハイポーズ!
自由

そして、あっと言うまに帰国して4ヶ月が過ぎてしまいました。
日本は自由エネルギーを保つのが難しい国です。日本で育っても、子供たちには自由発想という財産を伝えたいと願っています。日本人の心を締め付ける鎖を解き放つ子供たちに成長してくれればと思います。

”Why not?"

私がアメリカで一番勇気付けられた言葉です。

本タイトルのブログ「アメリカ南部で暮らしてみればーおっと編」は、帰国しましたので近いうち閉じさせて頂きますが、何らかの形で近況をご報告したいと思っています。妻編はすでにパスワードアクセスに移行しています。本年もどうぞよろしくお願い致します。
長い間、ご購読ありがとうございました。

2009年元旦
スポンサーサイト

マートル・ビーチで凧揚げ

Posted by なっちのパパ on 22.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
今年のクリスマス休みは何となく遠出は避けたかったので、すぐに帰って来られるマートル・ビーチへ向かいました。もちろん例のごとく招待電話を受けての宿泊です。二泊三日でリゾートコンドに泊まって29ドル。それでお土産に現金50ドルとレストラン割引券まで頂きました。こんなところにもサブプライムの影響が出ているのでしょうか。いわゆるタイムシェアの体験宿泊です。鳥たちが飛び交う海は絶景。半袖では少し寒いくらいの気温でした。
myrtle1


海水浴には寒いので、子供たちは凧揚げで海岸を思い切り走りました。
myrtle2
myrtle3
myrtle4

マータル・ビーチはスプリング・ブレイクには全米から学生たちで賑わうビーチだそうですが、我々には少し開発されすぎた観光地でした。

ワシントンDC米国細胞生物学会へ

Posted by なっちのパパ on 05.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
今年も米国細胞生物学会(ASCB)へ参加するためワシントンDCに出かけました。今回の学会は発表題目が少なく、iPS細胞関係の盛り上がりはまだありませんでした。

DCのホテルはいつも混んでいて、値段も高く一泊平均$250ぐらいでしょうか。困ったときには、私がいつも利用するHOTEL Harrington。古くて汚くて人気はないけど、ちょっとレトロな気分になれるし、バーもあって一人で泊まるだけなら十分。値段は$89でした。ここはコンベンション・センター、ホワイトハウス、スミソニアンとどこも歩いて行ける便利なホテルです。でも、やはり綺麗好きな日本人にはお勧めできません・・・ーが、あろうことか東大から学習院の教授に移籍された馬渕一誠先生とご一緒のホテルでした。ウッズホール海洋生物研究所の井上信也先生のところにも毎年出かけられ、しかも団勝磨先生の孫弟子。恐れ多いことですが、私も考え方によっては、Susumu Ito先生を通せば団先生の孫弟子ということで、すっかり意気が合ってしまいました。またどこかでご縁があることを祈ります。
1


私の今年のネタは、「膜修復にはコレステロールが必要、だからスタチンでコレステロール合成阻害すると筋肉に異常がでる可能性があるかもしれない」と言ったものでした。ポスター発表でしたが、たくさんの人から質問を受け、声がガラガラになりました。
ascb


ASCBの楽しみは、やはりいろんな人に会えることです。一期一会もありますが、会った人によって、どんどん輪が広がっていきます。ハーバードで一緒だったポスドクたちは、みんな偉くなって活発な研究をされ、いい刺激になります。日本の先生方とも時々食事に出かけます。いつも人が周りに集まる不思議な力を持つ東大の松田良一先生に誘われ、日本の細胞生物研究の第一人者、馬渕一誠先生、カドヘリンで有名な理研の竹市雅俊先生、これから将来が明るいポスドクや学生の皆さんととても楽しい夕食をご一緒しました。また、どこかでお会いできることを祈っております。

3


最後の日は雪が降り、悪天候で予想通り飛行機はキャンセル、なんとかアトランタまで飛べましたがオーガスタにたどり着いたのは次の昼前になりました。
4


日本の細胞生物学の将来は明るいと思われたらここを一回クリックして応援をお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

巴里を一日で大急ぎ観光

Posted by なっちのパパ on 24.2007 旅行記 3 comments 0 trackback
実はいきなり大失敗、カメラを忘れてしまいました。 ところが迎えに来てくれたダニエル・ストックホルム氏がキャノンを一台貸してくれました。ともかくもメルシー! 説明は後からしますが、写真をアップしておきます。

よく一日でこんなに回ることができたねーと思われたらここを一回クリックして応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

エール・フランスにお勤めのタカさんより教えて頂いた黄緑のバス乗るとよく街が見えます

黄色バス


まずは凱旋門
凱旋門


これはミスタービーンズの旅が始まった新凱旋門
新凱旋門


エレベーターでも昇れます。そこからの望んだ凱旋門とエッフェル塔
新凱旋門より


いよいよルーブル美術館へ
この三角のガラス張りが新しい入り口、これがわからず苦労しました。
ルーブル


モナリザは小さく、それもガラス張り。がっがりでした。
モナリザ


ドラクロアは見向きもされていませんでした。上野のでの苦労して見たのは何だったのか?
ドラクロア


ちょうどパリではラグビーW杯の真っ最中でした。
ラグビー


ゴールの一つ一つが飾ってありました。

ラグビーボール


よく見るとエッフェル塔の中にもラグビーボールが・・
エッフェル


登るのは大混雑で大変でした。
パリの夜景


オペラ座へ
オペラ


ノートルダムは地下の遺跡が面白い。中はちょっとがっがり。
ノートルダム


サント・シャペル教会は工事中
サント・シャペル


中からのステンドグラスはすごい・・・けど、何のためにこんなものをと首を傾げます。
ステンドグラス


サクレクールで夕べの祈りに参加。ここが一番よかったかな?
サクレ・クール


これはおまけ、フランスの人は何もかもおしゃれ。ドアノブにもこだわるらしい。
ドアノブ

巴里にて顔が変形

Posted by なっちのパパ on 22.2007 旅行記 1 comments 0 trackback
現在、フランス、パリのGENETHON研究所に出張中です。

そう言えば、今日は私の誕生日、記念に道端の画家に似顔絵を描いてもらいました。私の顔ってこんなに歪んでいます?

似てると思われたらここを一回クリックして応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

誕生日記念

伊丹から成田 そしてアトランタへ

Posted by なっちのパパ on 04.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
成田でアイショッピング。姉と再会。アトランタへ。

お店潜入レポ 伊丹ダイヤモンドシティ

Posted by なっちのパパ on 03.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
6月3日(日) あるお店へ潜入レポ。報告は後ほど。午後から宮津を発ち、伊丹のダイヤモンドシティ テラスで買い物。大阪のホテルAPへ。

宮津市魚市場を訪問

Posted by なっちのパパ on 01.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
6月1日(金)小学校へ子供たちと一緒に登校、宮津市魚市場訪問、宮津市図書館で調べもの、ミップルの山海屋で食事。

香川大学医学部を訪問

Posted by なっちのパパ on 31.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
5月31日(木)、香川大学医学部を訪問、讃岐うどんをご馳走になり、大阪で買い物して再び宮津へ

宮津ぶらり旅

Posted by なっちのパパ on 27.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
5月27日(日)、宮津カトリック教会訪問、買い物、図書館、歴史の館、前尾記念会館、ラーメン

宮津市朝市訪問

Posted by なっちのパパ on 26.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
5月26日(土)、午前中は宮津市の朝市訪問。今日は小学校運動会ですが参加はしませんでした。野田川の井谷家でバーベキューをご馳走になりました。その後は子供と川遊び。

新潟へ

Posted by なっちのパパ on 23.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
お世話になった新潟大学の教授と連絡がとれ、一路、突然新潟へ

宿泊は、どういうわけか新潟カトリック教会。実は大学受験の時、現在の主任神父さん(当時新潟大学4年生)の仲介で、ここに泊まらせて頂きました。懐かしい人々と再会。

日本の免許証はゴミ箱へ

Posted by なっちのパパ on 23.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
本日、免許センターで免許を更新しました。
実は更新手続きをして大変後悔しています。
問題は二年前の更新で発生しました。

前回帰国した際に、放っておけばいいのに、わざわざ更新手続きをしたためです。


ーそのやりとりを再現するとー

更新手続きがすべて終わった時、窓口の人から最後に一言

窓口の人 「平成13年6月から道路交通法が改正され、これ以降に更新された免許は海外にいたという理由があっても、有効期限を2年すぎると更新できなくなるので気を付けて下さい」

私「はぁ~??? じゃあ、それ以前に問題が発生(渡航)した人はどうなんですか?」

窓口 「はい、対象外ですから更新期限を何年過ぎても更新できます」

私「は~??? ーということは・・・私は今日更新したが故に、今後は有効期間のうちに更新しないと免許がなくなるということですか?」

窓口「そういうことになりますね。期限が切れてから2年以内です。」

私 「私の場合は平成12年に渡航していますから更新しなければ良かったということですか?」「放っておけば良かった」

窓口 「そういうことですね」

私  ”ショックで無言・・・しばらくしてから・・・” 

「更新する前に教えてくださいよ~」と暴れましたが・・・後の祭り。

しかも私の場合は期限が切れていたので、3年しか有効期限がもらえず、誕生日が秋のために誕生日前更新。つまり事実上、有効期限は2年と4ヶ月。これを超えると有効期限は3年以内が繰り返されるわけです。

私 「長く渡航する人にはどうすることを勧めておられるのですか?」 と聞くと・・・・

窓口 「日本の免許を破棄し、ご帰国された時に試験を受けられ、海外の免許を日本の免許に書き換えられることをお勧めしてます。」

私 「つまり・・日本の免許は破棄して、筆記試験の受け直しですね。」

窓口 「はい、そうです」

なんと無情な返答・・・あの何時間の講習と経費はどこに行ってしまったのでしょう・・・


ともかくも私はこうやって前回更新してしまったので、今回2回目の更新、それでも有効期限はまだ2年とちょっと、次回期限以内に更新してやっと5年もらえます。しかも日本の免許の更新には1万円近く払わされます。

更新せずに、帰国の際にだけAAAで国際免許を$10で10分で作ってもらえば済んだものを、こんなに苦しむことになろうとは。でも、何十万も払って何時間もかけた昔の苦労を考えると日本の免許証を破棄する気になりませんでした。

簡単に道路交通法を変えないでくれ~

ーと言っても、私がいない間に簡単に国歌国旗基本法、教育基本法、年金そして次は憲法改正ですか・・・こういうことはもっともっと時間をかけて議論して国民に説明し意見を聞きやってもらいたいもんです。早くやらないといけないことはもっと他にあるでしょうに。

===まとめ===

ともかくも平成13年6月19日以前に渡航された方は、絶対に免許更新してはいけません。日本に帰るときはAAAで国際免許をもらいましょう。

それ以降の人は、さっさと日本の免許は破棄したほうがいいかもしれませんね。

因みにジョージア州では、15年前は日本の免許があれば、簡単な10分ほどのスライド試験と2000円ほどで免許がもらえましたが、8年ほど前まえから、日本の免許書き換えは意味がなくなり、日本の免許は没収され、実施試験とスライド試験が必須になりました。それでも半日で取れました。没収された日本の免許証は日本領事館で運が良ければ返してもらえましたが、現在はもっと厳しくなり日本の免許も国際免許も完全に破棄されるようです。そして試験も読解試験を受け仮免、40時間自分で誰かと運転するという建前期間を過ぎた後、電話予約をしてから実施試験、そして免許発行という手続きに変わったそうです。つまり日本の免許を持っている日本人でも”日本の免許は持っていない”と嘘を言って試験を受けないと、日本の免許証はゴミ箱に”ポイ”というわけです。きちんと破棄されればいいですが、誰かが集めてアジアで売られないかと心配にもなります。

更新も約4年で2000円ほどのチェックを封筒でおくると、新しい免許証が普通の封筒で送られてきます。もちろん紛失されることもよくあるでしょう。講習もありません。

付けたしですが、グリーンカードも実は普通の手紙みたいな封筒で送られてきます。たしかクレジットカードもパスポートも普通便だったように思います。書留くらいにしたらと思うのですが、お構いなしです。書留も大して意味がないということかもしれませんね。

はぁあ~

仙台青葉祭り

Posted by なっちのパパ on 20.2007 旅行記 0 comments 0 trackback
日曜日は、お爺ちゃんとお婆ちゃんと一緒に仙台の青葉祭へ

次から次へと武者姿など仮装行列
武者


そのあとは何台もの山車がねり歩いていました。
1

3

4

7


そのあとは出店に行き、生まれてt初めての金魚すくいに挑戦ー
7


息子とチビは初めての日本のお祭を経験しました。
8


商店街では小さな子供たちが元気よく雀踊りを披露していました。なかなか仙台は力のある町ですね。


”私も青葉祭に行ってみたい”と思われたらここを一回クリック応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

2年ぶりに日本へ

Posted by なっちのパパ on 18.2007 旅行記 2 comments 0 trackback
午前4時オーガスタを車で出発
午前7時空港外の駐車場に車を止め 空港へは午前8時頃到着

アトランタ空港から元気よく出発! デルタ55便で午前10時頃出発。
 12

機内食ディナー(チキンかビーフ)。途中でスナック。
34


機内では一つの席に一つの画面操作のコンピュータが付属。
これで怖いものなし!映画も一人一人が20作品ほどの中から選べる。
ストップもリバースもできる。技術は進歩した~ iPodの豪華版といった感じ。
56
お陰で私は仕事に集中。まだ全然できていないセミナー発表の準備。

最後の食事。だけど・・・あまり食欲が・・・ゲームのやり過ぎで眠い眠い。
ランチ8

一応子供の名誉のために・・・勉強と読書もやってました。
隣からのぞいてみると、娘は私の5倍の速度でページを繰ってました。
いつの間にこんな英語速読を・・・汗汗・・
15


成田到着!14時間の旅お疲れさま。  JRエクスプレスでは爆睡でした。
910


やっとのこと東北福島駅に到着。 や~っと着いたよ~遠かった~
1211

首が長くなったお爺ちゃんと勝負!  私も看板屋さんになろうかな?
1314


”お疲れでした”と思われたらここを一回クリック応援お願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

アトランタでの美味しい飲茶ーその2

Posted by なっちのパパ on 17.2007 旅行記 5 comments 0 trackback
「アトランタの美味しい飲茶はどこですか?」と聞かれたので、ついでにブログに紹介しておきます。前回のカントンハウスも美味しかったのですが、富臨大酒家(China Delight)というお店のほうが美味しかった記憶があります。場所はドメスティックの空港があるシャンブリータッカーにあります。昔、ここには知る人ぞ知る大道「Nippan DAIDO」という巨大な日本のスーパーマーケットがあった場所の隣です。
2390 Chamblee Tucker Rd.
Chamblee, GA 30341
Tel: 770-986-0898

飲茶


お店にはいるとこんなのがあります~
飲茶2


美味しそうな飲茶の写真が見つかりませんが、ぜ~んぶ美味しかった記憶があります。海老シューマイなんかほんとにプリプリしていました。見つかればあとからアップしておきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
美味しい飲茶食べてみたい~と思われたら一回クリック応援お願いします。

brog

こちらもよろしくお願いします。

スキースクール、そしてスキーリフト初体験

Posted by なっちのパパ on 31.2006 旅行記 1 comments 0 trackback
初めてのスキースキースクールで基本を習うのが一番。
その間、元スキー選手の父親は山頂から滑降中。
Ski-School


リフト体験、ほっと一息の二人!
Ski1


すごい、二人ともボーゲンで一気に下まで降りました。2時間のスクール効果は絶大でした。
Sli2


このあと何回も親子揃ってゲレンデを楽しみました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
毎回ぽちっとクリック応援お願いします。

brog

アメリカ南部スキー情報ーMaggie Valley, NC

Posted by なっちのパパ on 27.2006 旅行記 1 comments 0 trackback
我々の住んでいる南部ジョージア州にはほとんどは降らない。でもー
雪1

が降る・・・・ここはノースカロライナのマギーバレー。

うちの秘書曰く「だめじゃないのーまだとっていない有給が15日いじょうあるわよ。もったいないわねー。」

そういうわけでもないが、このクリスマス休暇は一気にキーウエストまで南下して海水浴と思ったがこの休みはお天気が悪かった(本当は先立つものがなかった?)。今日は何故か一番近くのスキー場のマギーバレーへ4時間ほどドライブ。

ナイト・チュービング : エスカレーターで登り、浮き輪に乗って一気に滑り降りる
チュービング

一人一時間半20ドル

もう子供たちはの中でおおはしゃぎ
雪合戦


だるま完成。これはアトム?
雪だるま


詳しい情報はまた後ほど蘇る宮津城にて・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
毎回ぽちっとクリック応援お願いします。

brog

さらばサンディエゴーところがぁ~デルタ航空さん飛ばず

Posted by なっちのパパ on 21.2006 旅行記 6 comments 0 trackback
さらばサンディエゴ

サンディエゴ朝日


アトランタに着いたのは午前6時。デルタ航空が破産してから、連絡便が激減してとても不便になった。待ち時間は長い。それもほとんどがプロペラ機なので、天候が崩れるとすぐにキャンセルされる。

3時間ほど待たされて、やっとオーガスタ行きの機内に座り居眠りをしてどのくらいたっただろうか・・・・
「降りてください」と肩を叩かれ起された。

「ここはまだアトランタですよ」と笑われた。

がーん、飛行機が飛んでいない。その後、しばらくしてフライトのキャンセルの案内。

渋々魔の黒電話(デルタ・ダイレクトコール)で交渉開始。次の空いている便は午後11時!おいおい、そんなの待てません。シャトルバスを聞いても便がない。仕方がないので、レンタカーに乗り換えることにした。払い戻しは天候が理由だからできないの一点張り。この間、友人は天候が理由でも払い戻されたーおかしいーおかしいーと文句を繰り返すと、何とか34ドルくらいは払い戻すと言ってきたので渋々それで了承。

皆さん、朝のプロペラ機はやめましょう。毎日のようにこんな霧です。

霧


もうクタクタなのに、そのあとは荷物の交渉・・・・とほほ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
毎回ぽちっとクリック応援お願いします。

brog

サンディエゴ夜の街へ: カクテル・バー

Posted by なっちのパパ on 19.2006 旅行記 0 comments 0 trackback
学会も終わりアトランタへ向かう夜11時の便を待ちながら
サンディエゴの夜の

一人でバス停に向かうと・・・
人気のない青い光が漏れるバーに吸い込まれた

カウンターに座ると・・・
突然女性が宙を舞いながらボトルを取りに!
「うわぉー」
bar1


まずは一杯
レモン・ドロップ・マティーニ
bar2


うーん爽やかー

バーマネージャーはDennis Handさん、軽快なシェイキングを見せてくれた。
bar3


もう一杯、もっとも得意なカクテルをお願いしたら

DENNIS' ESPRESSO TINI
bar4


うーん深いカクテルだった。
レシピは後ほど蘇る宮津城にて公開します。

酔ってしまったので場所は定かではないが、確か
5番西側、MARKET STとG STの間
OSETRA THE FISHHOUSEの一階
SAN DIEGO RESTAURANT

を味わえるお勧めのバーです。
これを見て行かれる方は、是非デニスさんによろしくお伝え下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
毎回ぽちっとクリック応援お願いします。

brog

ホテル・デル・コロナドで朝食を・・・大急ぎで半日観光

Posted by なっちのパパ on 18.2006 旅行記 0 comments 0 trackback
我々の泊まったのはコロナド島のホテル・ロー・リゾート。プライスラインでダウンタウンより安く購入。その隣にあるのが、アメリカでもっとも歴史のあるホテル・デル・コロナド
del1


大統領やハリウッドスターたちがよく宿泊するホテル。マリリンモンローの「おあついのがお好き」の舞台になったことでも有名。ホテル内にも写真があった。
モンロー


ここで白い波シブキを見ながら朝食をとって宿泊者になった気分を堪能。
del2


ホテル内のお店は高級物ばかり。セーター4万円、ジャケット10万円・・・とても手が出ない。
Del-store


ロビーを飾る巨大な豪華なツリー
Del-tree


このホテルの前から観光トローリーバスが出ていた。市内一周観光29ドル。乗り降り自由。
トローリー


車内では運転手さんの楽しい観光ガイド
とろーりー2


動物園、公園、美術館、買い物、観光・・と便利な交通手段であった。
オールドタウン


オールド・タウンではアメリカン・インディアンや南米産のものがたくさんおいてあった。
買い物


空母ミッドウェーにも乗れるらしい。
空母


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
毎回ぽちっとクリック応援お願いします。

brog
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。